名古屋から沖縄までの飛行機でどのくらいかかるのか

国内といえど飛行機で移動時間の短縮を

旅では、移動時間が問題になってきます。そこに時間を、取られなければ、目的地での時間の割り振りが、大きくなることになります。名古屋から沖縄への移動時間を、一番短くできるのは、飛行機になります。勿論、他の方法でも、目的を達成することはできますが、移動時間が多く必要になります。それらを考慮すると、多くの人が移動手段として選ぶのは、飛行機になります。他の沖縄までの手段としては、新幹線やフェリーになります。

自転車で目的地を目指すことも可能

大前提に、時間とそれを実行するだけの気力や体力が必要となりますが、自転車で沖縄を目指すこともできます。自転車より難易度が下がるのが、自動二輪でありますが、こちらも言葉ほど簡単なことではありません。遠出を計画して実行するのには、旅費もかかります。キャンプ場を利用することできますが、インターネットカフェを利用すれば、宿泊費を抑えることもできます。もしも、野宿をする場合は、周囲の人の迷惑にならないようにする必要がでてきます。

キャンプの時は車を利用してみる

宿泊費を抑える方法として、キャンプで使える車も有効です。道中の寝泊まりは、車内で行うことができます。運転に疲れた時も、備わっているベッドに身体を横たえて、ゆっくり休息を取ることができます。簡単な料理なら、車内でできるのも魅力の一人です。沖縄に渡る時は、フェリーを使用することになりますが、他は陸路で進むことができ、気になる地域で観光もできます。長い道中を、反対に楽しんで行くのが、このスタイルともいえます。

旅先の気温も考慮する

沖縄のイメージとしては、南の島ですが、本州とは距離も離れており、その気候も違います。冬などに出掛けると、寒さと無縁であることもあります。そうなると、服装にも注意必要です。着こんで行ったら、暖かく快適な温度であることもあります。二種類の服を持ち歩くのも荷物を増やしてしまいます。長袖を着ていき、腕捲りをすることで回避することができます。旅の荷物は、厳選して少なくしたり、旅行先で服を購入する方法もあります。

旅を十分に楽しむには

旅には、目的地までを楽しむこともできます。反対に、移動時間を抑えて、そこで楽しむこともできます。どちらを選択するかは、どんな旅をするかによります。決まった方法を使用するのもしないのも、個人の自由です。しかし、それ故にそれぞれの楽しみ方一つです。個人の旅の目的に合っている、移動手段を選びます。また、その移動手段での時間経過をも楽しんでしまうこともできます。やはり、一番の楽しみは、計画を立てている時といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です