関空から沖縄までの飛行機でどれくらい?

普段とは異なる文化を味わえる旅行

日常において旅行とは、非日常を体験できるとても素晴らしい時間です。普段とは異なる景色や文化を味わうことで、十分な休息をし、新たな日々に活かすことも可能です。旅行は、心の栄養といわれることもあるように、忙しい生活を送る現代人にとって、今や欠かすことのできない楽しみのひとつとなっています。まわりの方でも行ったことがないという人はいないのでしょうか。特に、異なる文化に触れられる沖縄は人気の観光地として行ってみたいという人はとても多くいます。

日本で最も西側に位置している観光地

沖縄県は、日本で最も西側に位置している県です。363の小さい島でできており、49の島には人が住んでいますが、その他の多くは無人島となっています。日本で唯一亜熱帯性と熱帯性の気候となっており、マンゴーやパイナップルなど夏の果物が生産がなされています。ゴーヤーやサトウキビといった農産物もその熱帯性の気候を活かして育てられています。かつては琉球王国として栄えてきた歴史があり、本土とは異なる文化が息づいています。

熱帯性の気候を活かしたリゾート地

その本土とは違う背景を持つ文化や習俗を活かした観光産業がさかんな沖縄は、リゾート地としても非常に人気があります。日本の他の地域にはない暖かい気候となっているため、育まれている自然も独特です。そのため、自然を満喫するアクティビティを求めて訪れる人も多いようです。貴重な生物たちも生息しており、その中には貴重なものに指定されているものもあります。リゾート地は、国内外に多くありますが、手軽に行けるという理由で、観光客も非常に多い場所です。

飛行機でお得に訪れることができる観光地

沖縄県は島であるので、訪れる場合は基本的に飛行機を利用することになります。周辺の島々への移動も基本的には飛行機をつかってやることもおおいみたいです。観光地として非常に人気があるので、全国各地の空港から定期便も就航しています。また、海外からも定期便が就航しています。航空便に関しては、航空機燃料税が50%免除されるということで、その他の県の同一距離路線と比べると5000円程度安い傾向があります。LCCを使えば、よりお得に訪れることができるでしょう。

所要時間2時間程度で関空から沖縄へ

大阪にある関空、通称関空は、現在多くの航空便が就航しており、非常に便利な空港として認識されています。完全24時間営業の国際空港となっており、人口の島にある海上空港となっています。関空は、国内外から高い評価を受けており、LCCの利用も多い傾向にあります。沖縄までは、2時間程度と非常に短い時間で行くことができます。また、料金も1万円から2万円程度と比較的気軽な値段で利用することが可能となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です