羽田空港から沖縄までの飛行機での所要時間は?

沖縄の場所を確認しましょう

okinawa-travel

その昔、琉球王国と言われていた現在の沖縄県、日本では最南西端に位置しています。そこには、70余りのちっぽけな箇所が点在しています。一番大きな島が、本島になり、最西端にある与那国島では、台湾を近くに見ることが出来ます。そんな沖縄には、豊かな良い場所がたくさん残っていることや、綺麗な海岸線が続き、珊瑚礁の海では色とりどりの魚が泳ぐ姿が見られます。碧く澄んだ海とどこまでも青く続く空は、南の国の特徴を表し、誰もが一度は訪れたい観光地にもなっています。

リゾート地として開発が進む沖縄

アメリカから日本に返還され、日本が統治出来るようになり、リゾート地としての開発が急がれました。その結果、今では日本でも有数のリゾート地となり、多くの海岸線沿いには、立派なホテルの建設が、進みました。そこに憧れ、本土から多くの観光客が訪れるようになっています。テレビCMでも惹きつける優雅な映像が流れています。パック旅行は、旅費が安く設定出来る良さが人気です。

飛行時間を考えてみましょう

遠隔地と言うことで、東京羽田空港を飛び立ってから、約2時間半から2時間45分ほどの時間を要します。国内で一番長距離と言われる路線は札幌の空港から那覇間では、なんと3時間半ほどの時間を要し、ちょっとした外国へ行く時間と変らないようです。九州から沖縄へ利用する人は、旅行客以外に仕事でも利用する人も多いみたいです。福岡からは、1時間40分前後の便が多く、気軽に行ける場所になっています。

格安航空の利用で楽しみを増やしましょう

多くの航空会社が飛ぶ那覇空港ですが、大手航空会社から最近人気のLCCまで、多くの航空会社が利用するに到っています。そのため沖縄旅行をするために、格安料金を求めてフライトを検討する人も多くなりました。航空運賃を安く抑えることで、旅を楽しむ方法を考える人が増えました。最近では、ダイビングの資格を取るために、格安航空を利用し、その浮いた料金を資格料金に充てる人も、増えています。レンタカー利用にも、この費用を充てると言う人も多くなっています。

飛行機の活用はこれからも続きます

日本国内では、飛行機の旅がごく普通になって来ています。ほっかいどうまで続くまでになりましたが、時間を考えると、沖縄行きの飛行機の便利さには勝てません。まして沖縄のような遠隔地であり、離島と言うことであれば、飛行機の活用が当然なことになります。船では、機動性に欠けると言う、大きな問題も残すことになります。自然の魅力が一杯の島には、これからも多くの人が観光に訪れるのでしょう。そこには、飛行機の活用がなくてはならないものとなっています。

沖縄まで飛行機の席が残っている時間帯は?

昼の時間は残っている便が空いている

沖縄に行く時には、飛行機を利用します。
しかしなにもなく空いている時ばかりではなく混んでいる時間帯もあります。
機内で少しでも快適に過ごすならば、空いている方が良いと考えるのは当然のことです。
正午以降に出発する飛行機があります。
特に子連れで子供が泣かないか心配など、周りの目を気にする必要がある場合には、昼過ぎに出発する便に乗ることで、機内でゆったりと過ごすことができます。
最も空いていると言っても良いのではないでしょうか。
余裕をもった空間での移動は良い旅への材料になるでしょう。

料金の比較をしてみる

同じ沖縄に行く場合でも、時期によって料金に違いがあるように時間帯によって違いがでてきたり、安いと混んでいるのではないかと考えてしまいがちですが、安いということは人があまり乗らないので、乗る人を求めているから安いということです。料金が高い時間帯の便は、人気の高い便となっている。残っている便に乗りたいのであれば、日頃から料金の安い時間帯はいつか調査すべきですね。

航空会社によって異なる

沖縄に旅行する時に機内が空いている飛行機が良いと考えるのは当然のことですが、航空会社や時間帯によっても空いている時間帯には違いがあります。航空会社の比較をすることで、空いている時間が異なることがわかるので事前に調べておくようにしましょう。一般的には空いていると考えられる時間も、航空会社によって混んでいることもあります。それとは反対に、混んでいるとされている時間帯でもガラガラで快適に過ごせるケースもあります。

時間帯だけではなく曜日にも注意する

時間帯をどんなに空いている時にしておいても、曜日によっては満席のじょうたいもあります。週末発となれば、利用者が増えるのは当然のことなので時間帯は無関係になってしまいがちです。勿論週末だけではなく、連休前にも注意するようにしましょう。一日や二日ずらすだけで、空いている飛行機に乗ることが可能となります。特に沖縄は人気の観光地なので、シーズンや曜日には十分注意しておくへきです。時間帯のみの問題ではありません。

空いている時間帯の共通点

どの場合にも空いている時間の共通点となるのが、他人が利用しない時間帯ということです。当然のことに感じるのではないでしょうか、しかし当然のことながら他人があまり好まない時間というのはそれなりの理由があります。早朝ならば現地で楽しめる時間が長いですが、空いている午後の便となれば、現地での時間は短くなります。何を優先的に考えるのかにより、選ぶべき飛行機の時間帯にも間違いが生まれることは頭に置いておきましょう。

関空から沖縄までの飛行機でどれくらい?

普段とは異なる文化を味わえる旅行

日常において旅行とは、非日常を体験できるとても素晴らしい時間です。普段とは異なる景色や文化を味わうことで、十分な休息をし、新たな日々に活かすことも可能です。旅行は、心の栄養といわれることもあるように、忙しい生活を送る現代人にとって、今や欠かすことのできない楽しみのひとつとなっています。まわりの方でも行ったことがないという人はいないのでしょうか。特に、異なる文化に触れられる沖縄は人気の観光地として行ってみたいという人はとても多くいます。

日本で最も西側に位置している観光地

沖縄県は、日本で最も西側に位置している県です。363の小さい島でできており、49の島には人が住んでいますが、その他の多くは無人島となっています。日本で唯一亜熱帯性と熱帯性の気候となっており、マンゴーやパイナップルなど夏の果物が生産がなされています。ゴーヤーやサトウキビといった農産物もその熱帯性の気候を活かして育てられています。かつては琉球王国として栄えてきた歴史があり、本土とは異なる文化が息づいています。

熱帯性の気候を活かしたリゾート地

その本土とは違う背景を持つ文化や習俗を活かした観光産業がさかんな沖縄は、リゾート地としても非常に人気があります。日本の他の地域にはない暖かい気候となっているため、育まれている自然も独特です。そのため、自然を満喫するアクティビティを求めて訪れる人も多いようです。貴重な生物たちも生息しており、その中には貴重なものに指定されているものもあります。リゾート地は、国内外に多くありますが、手軽に行けるという理由で、観光客も非常に多い場所です。

飛行機でお得に訪れることができる観光地

沖縄県は島であるので、訪れる場合は基本的に飛行機を利用することになります。周辺の島々への移動も基本的には飛行機をつかってやることもおおいみたいです。観光地として非常に人気があるので、全国各地の空港から定期便も就航しています。また、海外からも定期便が就航しています。航空便に関しては、航空機燃料税が50%免除されるということで、その他の県の同一距離路線と比べると5000円程度安い傾向があります。LCCを使えば、よりお得に訪れることができるでしょう。

所要時間2時間程度で関空から沖縄へ

大阪にある関空、通称関空は、現在多くの航空便が就航しており、非常に便利な空港として認識されています。完全24時間営業の国際空港となっており、人口の島にある海上空港となっています。関空は、国内外から高い評価を受けており、LCCの利用も多い傾向にあります。沖縄までは、2時間程度と非常に短い時間で行くことができます。また、料金も1万円から2万円程度と比較的気軽な値段で利用することが可能となっています。

名古屋から沖縄までの飛行機でどのくらいかかるのか

国内といえど飛行機で移動時間の短縮を

旅では、移動時間が問題になってきます。そこに時間を、取られなければ、目的地での時間の割り振りが、大きくなることになります。名古屋から沖縄への移動時間を、一番短くできるのは、飛行機になります。勿論、他の方法でも、目的を達成することはできますが、移動時間が多く必要になります。それらを考慮すると、多くの人が移動手段として選ぶのは、飛行機になります。他の沖縄までの手段としては、新幹線やフェリーになります。

自転車で目的地を目指すことも可能

大前提に、時間とそれを実行するだけの気力や体力が必要となりますが、自転車で沖縄を目指すこともできます。自転車より難易度が下がるのが、自動二輪でありますが、こちらも言葉ほど簡単なことではありません。遠出を計画して実行するのには、旅費もかかります。キャンプ場を利用することできますが、インターネットカフェを利用すれば、宿泊費を抑えることもできます。もしも、野宿をする場合は、周囲の人の迷惑にならないようにする必要がでてきます。

キャンプの時は車を利用してみる

宿泊費を抑える方法として、キャンプで使える車も有効です。道中の寝泊まりは、車内で行うことができます。運転に疲れた時も、備わっているベッドに身体を横たえて、ゆっくり休息を取ることができます。簡単な料理なら、車内でできるのも魅力の一人です。沖縄に渡る時は、フェリーを使用することになりますが、他は陸路で進むことができ、気になる地域で観光もできます。長い道中を、反対に楽しんで行くのが、このスタイルともいえます。

旅先の気温も考慮する

沖縄のイメージとしては、南の島ですが、本州とは距離も離れており、その気候も違います。冬などに出掛けると、寒さと無縁であることもあります。そうなると、服装にも注意必要です。着こんで行ったら、暖かく快適な温度であることもあります。二種類の服を持ち歩くのも荷物を増やしてしまいます。長袖を着ていき、腕捲りをすることで回避することができます。旅の荷物は、厳選して少なくしたり、旅行先で服を購入する方法もあります。

旅を十分に楽しむには

旅には、目的地までを楽しむこともできます。反対に、移動時間を抑えて、そこで楽しむこともできます。どちらを選択するかは、どんな旅をするかによります。決まった方法を使用するのもしないのも、個人の自由です。しかし、それ故にそれぞれの楽しみ方一つです。個人の旅の目的に合っている、移動手段を選びます。また、その移動手段での時間経過をも楽しんでしまうこともできます。やはり、一番の楽しみは、計画を立てている時といえます。

北海道から沖縄まで直行便を使ってどれくらい時間がかかる?

沖縄旅行が人気になっています

沖縄旅行をする人が、増えています。ですが遠く南にあることから、時間もかかり、二の足を踏む人も少なくありません。また遠隔地であり、航空運賃などの旅費が高くなってしまいます。しかし海外旅行の方が良いと考える人も少なくからず、いることになります。しかし、一度訪れると再度訪れたくなることも、この地の良い所です。地元の人たちの暖かさに触れ合が、たまらないとも言われます。観光だけでなく、海でのアクティビティにも優れたものが多くあることが、人気になっています。

美ら海水族館は外せない観光地

本島には、たくさんの観光地が存在しています。そのナンバー1となるのが、美ら海水族館になります。ここは、夏でも冬でも、更には天気の良い時でも雨が降っていても良いと言う、一年中楽しむことが出来る所になります。展示されるジンベイザメ、マンタの数などは世界一と言われ、その醍醐味は見た人しか味わうことの出来ないものと言われます。この美ら海水族館は、海洋博公園内にある、ひとつの施設です。そしておきなわ郷土村・おもろ植物園も見ものの一つです。

備瀬フクギ並木を見る価値ありです

むかしからの沖縄が観たい感じたい人にはおきなわきょうどむら・おもろ植物園で、琉球王国時代の村落が再現されています。
それは、17~19世紀頃の琉球に戻り、その時を楽しむことが出来るようになっています。また、沖縄特有の三線の演奏を体験出来ます。更には、島の在来種である植物を集め、展示している植物園もあり、時間はアッと言う間にすぎてしまいます。また少し北に上った所で、備瀬フクギなみきが有名です。心地良い風が吹き抜け、そのフクギの間から差し込まれる木漏れ日には、心癒されます。

飛行機利用での所要時間

旅のスケジュールで重要なのは移動時間です。
沖縄に行くためには、飛行機の利用がふつうです。多くは、羽田から飛ぶことになりますが、飛行時間は2時間半程度から2時間40分程度と言われます。航空会社、時間帯などにより多少の時間の違いがあります。これが大阪関西空港からでは、多くが2時間弱の予定になっています。今、那覇空港へ直行便が飛ぶ最北の空港は、北海道の新千歳空港発になります。北海道の北の玄関、新千歳空港からは、どれくらいの所要時間がいるのでしょう。時間帯にもよりますが、3時間半程度と考えると良いでしょう。

北海道の人が楽しむ冬の沖縄

この飛行時間を考えると、一羽田空港から飛ぶ便と、1時間ほどの差しかありません。新千歳から羽田までの所要時間が、1時間半とすると、かなり効率的の良いフライトと考えます。そのため、北海道からは夏に冬に多くの観光客が利用するに到っています。特に冬場になると、ゴルフ三昧の旅行に出る人が多く見られる光景に出会います。雪に覆われた大地を逃げ出して、温暖な気候が待つ、そして緑多い沖縄のグリーンを楽しみでしょう。